保育園の卒園とブログの卒業



卒園式でした

c0335005_21352016.jpg
卒園生が入場する間家族からのメッセージが読まれたのですが
どの子も愛情あふれる素敵なメッセージが送られていて
心温まりました

c0335005_21333987.jpg
かわいい卒業証書に在園児の作ったしおり
そして義妹ちゃんからの電報はサプライズ!
(なんて気の回る義妹なのだろう・・感心・・♡)

来週いっぱいは保育園に通い春休み中は
子どもとたくさん楽しいことをしたいと思います


さて
takaさんからすすめられたブログも
予想以上に楽しく長く続けることができました

tamaの就学後も身内の方ふくめ知人友人・お会いしたことのない方々にも
子どもたちの成長を見て頂けたり
自分の考えをシェアしていきたい気持ちはあったりするものの
自分の知らないところで犯罪に巻き込まれたり
情報がもれたりという危険性もあることは否めず
tamaの卒園を機にブログで子どものことを綴るのも卒業しようと決めました

今後またブログを再開するか未定ですが
子育て期間に学んだ童具のこと絵本のこと
幼児期の育ちの大切さや
学校教育の本来のあり方など
伝えたい内容をまだ伝えきれてない思いを綴ることが
あるかもしれません

お会いしたことのない方からメッセージをいただけたり
情報を共有し合えたことはブログをしてよかった点です


自然育児から始まったこのブログ

就学しても根っこは自然育児

愛情を絶やさず
子どもの湧き出る気持ちに耳を傾ける母親でありたいと思っています

名残惜しい気持ちもあるのですが
新年度は私自身のやりたいことにもっと時間と気持ちをかけ
子育ても家事も仕事も欲張って楽しみたいです

今までtamaとsakiの成長を温かく見守ってくださり
ありがとうございました

みなさまのご活躍を心より願っております

c0335005_21392843.jpg
またね♡お元気で♡♡





[PR]
# by amapachi | 2017-03-18 22:13 | その他 | Comments(8)

別れと旅立ち



今週は訃報があり
心も体もバタバタとしておりました


この年齢で親族の死に向き合ったのは初めてのことで
ついこの間まで生きていた人が棺桶に入り
火葬場でお骨になるまで立ち会ったのはショッキングなことでした

「自分の親だったら・・」

「子どもが親よりも先になくなったら・・」

そんなことまで考え胸がしめつけられる思いでした
20代では感じなかった”死の距離”が
確実に近くなっているのを肌で感じてきました

今を一生懸命生きよう
子どもとたくさん笑い合おう
自分のやりたいことに挑戦しよう


tamaもsakiもお通夜にも葬儀にも出席しました
長時間の移動に加え静粛にする場面ばかりで
子どもにはさぞ退屈な時間だったと思いますが
よく付き合ってくれました

ありがとう

どうぞ安らかにお眠り天より見守っていてください




明日はtamaの卒園式
お気に入りのシルクのスカートを身にまとい行ってきます




[PR]
# by amapachi | 2017-03-17 22:43 | その他 | Comments(0)

子どもに本は必要だろうか?




3月11日

忘れられない日

忘れてはいけない日


黙祷をした数分間は当日のことを思い起こしていました

呼吸できる喜びを
体を動かせる自由を
大切な人に会える日々を

当たり前のことが当たり前ではない奇跡を
感謝しながら生き続けたいです



c0335005_20021690.jpg
sakiと一緒にお雛様を包みしまいました
また来年美しい姿に会えるのを楽しみに・・♡

保育園で二人が作ってきたお雛様♡
c0335005_20055352.jpg
tamaのお雛様♡

c0335005_20062288.jpg
sakiのつるし雛♡


今日で『子どもの本専門家講座』が修了しました

講義の後半に受講生全員でおこなった”哲学対話”がおもしろく
他の方々の考えを知るいい機会でした

「子どもに本は必要か?」

結論を出さないこの対話
みなさんならどうお答えするでしょうか?

「絶対に必要だと思う」

「必要だと思う」

そんな考えが多いなか私の答えは

「必要とは言い切れない」

というものでした

それは私自身が子どもの頃に絵本や児童書に触れてこず
それでも前向きに夢を叶え自分の人生は幸せだと言えるからです

けれどもそんな私が自分の子どもに本を読んでいるのは

愛情の形でありコミュニケーションの一つであること
明るい未来が待っているということを本を通じて感じてほしいこと
自分の知らない世界にも浸れる時間を与えたいこと
作者が長い時間と労力をかけて書いた作品をすぐに読めるのは財産となりうること
普段使わない聞きなれない美しい日本語の存在を知ること

本には愛と勇気と希望がぎっしりとつまっていると思っているからです


子どもたちに素敵な本を届ける努力はたゆまずしていきたいです


〜講座の紹介を改めて〜

9月から13回あったこの講座は予想と期待以上の内容で講師の先生方は
今も子どもの絵本・児童書について研究や編集をしておられる方々


本日の講師 伊藤明美先生の最新著書

『先生が本(おはなし)なんだね』


毎回内容が濃いうえに楽しい学びの時間

自分の知らなかった世界へ入り込みわくわくを共有できる講座でした

伊藤先生もおっしゃってましたが

これだけの講師を集め何年も講座を続けている

山梨子ども図書館の方々の素晴らしさ

そして全国でも類をみないこのような講座を開催してくださるありがたさを
最後の最後まで感じました


子育て中の方

子どもに関わるお仕事をされている方

本が好きな方

絵本講座やワークショップをされている方


おすすめです!!!



さて
明日は急用ができ遠方へ行ってまいります
tamaとsakiのお雛様たちを連れて・・


よい休日をお過ごしください



[PR]
# by amapachi | 2017-03-11 20:54 | 講座・講習会 | Comments(2)

生き生きとした子どもの表情



ポカポカ陽気な外遊び日和

c0335005_20392007.jpg
隣の市にある広い公園へ遊びに行きました♫

行ったらお友達もいてすぐに息統合♡

c0335005_06303522.jpg


乗り物もぜーんぶ持って行ったので
友達みんなで遊べて楽しかったね〜♡

c0335005_20384968.jpg
よーい どん!

滑り台では裸足になってげらげら大声で笑うこの4人組

そこにどんどんちがう子もまじって小集団になって
またげらげら笑い合って・・

c0335005_06310869.jpg

こんな生き生きとした子どもの表情が
小学校へあがると途端に減ってしまうのは悲しい

c0335005_06304589.jpg


子どもが望まないなら
机上学習を優先にするのは
もっともっと後にしてあげたい

知識を得る喜びだけでなく
人と関わる喜びを温もりを感じられる人間になってほしい


お日様の光をたっぷり浴びて
丸1日 外遊び

これからもこの日のような子どもの顔を見続けたいな



[PR]
# by amapachi | 2017-03-07 06:43 | プレーパーク&外遊び | Comments(0)

我が家の入学祝い〜腕時計作り体験〜




tamaの入学祝いに と
長野県諏訪町にある”時の科学館 儀象堂”に行ってきました

この施設を知ったのはこちらの本
c0335005_15191135.jpg
以前キッザニアで運よく記念にいただいた『時計のひみつ』

そしてここで自分で作った腕時計を私たち両親からの入学祝いとして
贈ろうと決めておりました♡

c0335005_20404858.jpg
時計の針のからくりと道具の説明

コースは45分コース
小学校高学年からなのですが
難しいところはtakaさんの手を貸してもらうという条件で
やらせてもらいました

夏は予約がいっぱいだそうですが冬は閑散期
なんと週末にも関わらず私たちだけだったので
tamaにじっくりやらせていただけたのもありがたかったです

c0335005_20410503.jpg
とっても細かい作業

軸の先端が折れると全額買い直しになってしまうので
ハラハラドキドキ・・・

時針と分針はおみごと!
tamaひとりで軸に差し込むことができましたが
秒針はさらに難しくtakaさんのお役目に・・
1発でいれていて器用さを息子に見せつけていました♫
さすが!

c0335005_20402353.jpg
ベルト部分は最近好きな迷彩柄
(別売りのものです)


c0335005_15230112.jpg
本の中にも出てくる
”水運儀象台”

中国の北宋時代に5年もの歳月をかけてつくられた大型の時計を
再現したのもです
(本物は戦とともに破壊されてしまったそう)

ある時刻になると右下に人形が出てきて
説明をしてくれました

c0335005_20401867.jpg
館内にも時計の歴史の展示がたくさんありました


自分で作った時計
思い出の品として大切に使ってくれますように・・♡

帰りに諏訪大社で参拝

c0335005_15215425.jpg
立派なしめ縄に圧倒!


c0335005_15201369.jpg
ある時から手を合わすことを大事にしたいと思い
神社の参拝はお正月に限らず旅先や訪問先でもすることが多いです

そのためかtamaもお地蔵様に出会うと

「おじぎしたい!」

というようになりました

宗教の色が強くない日本では地域での伝統行事がそのかわりのような
役割を果たしていたように思いますが
その風習もどんどんなくなりつつあります

引っ越すため神棚は祀ってしまったのですが
神棚かそれに代わりうるものを我が家でも用意し
また手を合わす習慣を自分でもつけたいな




[PR]
# by amapachi | 2017-03-06 15:52 | 体験 | Comments(0)